あなたは    番目のお客様です。

公益財団法人 兵庫県生きがい創造協会

  1.  >ホーム
  2.  >いなみ野学園トップページ
  3.  >いなみの学園について

兵庫県いなみ野学園コンテンツ

  • 生涯学習情報の提供
  • いなみ野学園について
  • 受講生募集
  • お知らせ・イベント案内
  • 大学講座4年制
  • 大学院講座2年制
  • 聴講生制度
  • 地域活動支援センター
  • 園内案内図
  • 動画配信
  • 学生自治会

兵庫県いなみの学園

兵庫県いなみ野学園について

ごあいさつ

     
     兵庫県いなみ野学園
    学園長 林 省吾

      いなみ野学園 学園生の皆様へ
     (8月20日からの緊急事態措置に際して)

  新型コロナウィルス感染が急拡大しています。
  兵庫県にも緊急事態宣言が発出され、8月20日から9月12日までの間、県下全域で緊急事態措置が実施されます。

  第5波といわれる今回、現時点での感染の9割以上がインド由来のデルタ株によるものとされ、その感染力は従来のウィルスに比べ1.87倍ともいわれています。
  高齢者(60才以上)の感染率は、第3波、第4波では約30%を占めましたが、第5波では約6%となり、ワクチン接種が進んだことによる効果と言われています。しかしながら、実数ベースでみてみますと、第3波で緊急事態宣言が発せられた日(1/14)は98人、第4波の同日(4/25)は133人であり、今回初めて感染者数が千人を超えた8月18日には、79人となっています。
  感染率が低下しても、全体の感染者数が爆発的に増えていることから、感染者実数はそれほど減ってはいないということに注目いただきたいと思います。
  また、病床使用率は現在60%を超え、重症病床使用率も40%を超えました。

  今回、県は①人流削減対策の徹底、②クラスター対策の徹底、③ワクチンの積極的な接種を要請するとともに、医療体制のひっ迫を見据えて医療提供体制の強化を中心とした緊急対策を公表しました。

  いま一度、外出の自粛や、マスク・手洗いの励行、3密の回避などの感染対策の徹底に努めなければなりません。特に、マスクを外しての会食や会話には十分な注意が必要です。ワクチン接種による予防効果とあわせて基本的な感染対策の励行が引き続き重要となって参ります。

  学園の皆様には、緊急事態宣言下においてクラブ・サークル活動等について、自粛をお願いいたします。(詳細は、別途HPに掲載しています)
  前回の緊急事態宣言時に続き不自由をおかけしますが、学園としましても、状況の把握や県の対処方針を踏まえ、適切な学園運営に努めて参ります。
  必要な情報は、随時ホームページ等で皆様にお知らせして参りますので、皆様と学園が一体となって感染防止に努めてまいりましょう。

 

 令和3年8月19日

学園へのアクセス

地図

(徒歩) JR東加古川駅北側出口から徒歩約15分
(車) 加古川バイパス加古川東出口から約5分
(タクシー) JR東加古川駅北側出口から乗車、約5分
(バス) 往路 山陽別府駅発8:28 JR東加古川駅南側発8:42 → 県農前着8:48
    復路 県農前発15:42 JR東加古川駅南側発15:53 → 山陽別府駅着16:04

学園のあゆみ

昭和44年6月13日 兵庫県いなみ野学園(1年制)開設
昭和47年4月1日 4年制に変更
昭和52年4月1日 指導者養成講座(2年制大学院)開設
昭和62年4月1日 指導者養成講座(2年制大学院)を地域活動指導者養成講座
(2年制)に改組
平成11年11月19日 いなみ野宣言
平成18年4月1日 大学院(2年制)開設
平成23年4月1日 大学院に地域活動コースを開設
平成24年3月31日 地域活動指導者養成講座(2年制)廃止
平成27年1月25日 地域活動支援センター開設
令和元年6月13日 いなみ野学園創立50周年(記念大会7月5日)

いなみの学園写真

いなみ野宣言

いなみ野宣言

 ここいなみ野学園に集う私たちは、本年を「国際高齢者年」とする国連決議及び高齢者のための国連原則「自立、参加、ケア、自己実現、尊厳」を認識し、「すべての世代のための社会をめざして」意識改革と社会参加及び世代間の交流を図り、共生の精神を高揚させ、希望あふれる21世紀に向けて、次の宣言を行います。

1  高齢期に対する自己及び社会一般の意識改革に努めます。
高齢期に見られる消極的で固定的な意識を改革するため、積極的に多世代との交流を深め、信頼と尊厳を得るよう、夢や生きがいを持って行動します。
2  心身ともに健康で、自立した生活づくりに努めます。
スポーツや食生活の改善を積極的に行い、自他ともに身体的、精神的に自立する健康な生活づくりに努めます。
3  新たな自己発見、自己実現をめざし、社会に貢献するよう努めます。
生涯を通じて学ぶ喜びを持ち続け、自己の可能性を発見し、自己実現に努めながら、地域の文化、伝統を大切にし、永年にわたって身につけた知恵と経験を生かして新しい社会の創造に努めます。
4  地域の人と自然との共生に努めます。
地域の人々との絆を深め、すべての世代が共生する優しい社会づくりと、美しい自然に恵まれた環境づくりに努めます。
5  英知を集め、21世紀へ夢と希望をもって行動します。
平和、平等、人権、地球環境など広く国内外の課題に目を向け、生き生きとした21世紀ビジョンを抱き、夢と希望の灯を高く掲げて行動します。

1999年11月19日
兵庫県いなみ野学園
兵庫県高齢者放送大学

トップページに