Dクラブあかずきんちゃん

Dクラブあかずきんちゃん」の報告
日時:令和4年12月8日・12月13日
場所:伊丹市社会福祉協議会


今年最後の活動です。社協ボランティアセンターの声掛けで「回想サロン体験講座」を2回にわたりさせていただきました。
伊丹市内でサロンを運営している民生委員の方を対象に皆さんのサロンで、「回想を楽しもう」を実践していただくための講座です。1回目の12月8日にはトライアルウイークの中学生2名も参加してくれました。

地域のサロンでも活用していただきたいです。
   
 Dクラブあかずきんちゃん」の報告
11/6お米屋さんサロン「ここ!イコ」参加者11名「認知症の人が抱える不安・家族が抱える不安」についてワークショップ形式で講座を行いました。私自身、勉強になりました。

11/17阪神シニアカレッジ卒業生2名が講師となり、阪神ひと・まち創造講座1・2年生10名と、阪神シニアカレッジで『回想サロンを体験してみよう』講座を実施しました。自身の地域で回想サロンをしてみたい、と言われる方もおられ嬉しい限りです。
   
   
 Dクラブあかずきんちゃん」の報告
10/2811/3イオンモール伊丹20周年のイベントで当団体の紹介ポスターを展示させていただきました。
(市内のボランテイア活動団体13団体と一緒にA3用紙2枚分の小さなものですが、嬉しかったです。)

10/3111/6阪急伊丹駅から5分ほどの廃業したお米屋さんが、地域の「街中サロン」としてその場所を提供してボランティア活動を紹介してくださっています。そこからお声がかかり、「認認かるた」の展示をさせていただきました。
   
 Dクラブあかずきんちゃん」の報告
日時:令和4年9月17日
場所:アイ愛センター(伊丹市)


伊丹市社会福祉協議会からの提案があり、パソコンボランティアと連携して定期活動の「回想サロン」を、市内オアシス千歳デイサービスセンターに通所している皆さんとオンライン(リモート)で行い、「思い出の食べ物」のテーマで話が盛り上がりました。初めての試みで少し緊張もしましたが、楽しかったです。今回の経験から、遠く離れた方たちとも色々なおしゃべりができるのかと思うとワクワクします。
 
  Dクラブあかずきんちゃん」の報告
日時:令和4年9月2日


伊丹市有岡地区の民生委員と協力員さん(39人)の研修会で「回想サロン」の体験をしていただきました。当日のお題は「子供の頃の思い出おやつ・ご馳走」です。地域のサロン活動をされている民生委員の方々に
Dクラブあかずきんちゃんの回想カードを利用していただき、サロンに参加された皆さまが「おしゃべり回想」を楽しんでくだされば幸いです。 
 Dクラブあかずきんちゃん」の報告
日時:令和4年

〇伊丹市社会福祉協議会の依頼で、今年も「夏子供ボランティア講座」を行いました。
 8月10日小学生と保護者対象に(写真①)
「高齢者を知ろう+認知症サポーターになろう」
中学生から大学生対象に(写真②)
「事例を通じて認知症を知る+サポーター講座」
〇定期活動 「回想サロンでつながろう」
 8月6日福祉系大学生が実習で参加してくれました。(写真③)「夏の思い出」をみんなでおしゃべりしました若い世代の参加でいつもより盛り上がりました。

 8月27日「認知症の映画」を回想サロンの皆さんで見ました家族の立場、本人の立場で異なる現状について認知症の理解のむつかしさを感じた映画でした評判が良かったので、今後のメニューに入れようと思います
 
写真①
 
写真②
 
写真③
  Dクラブあかずきんちゃん」の報告
日時:令和4年5月各日
場所:伊丹市近辺各所


5月は積極的に地域のサロンで「回想サロンでつながろう」活動を紹介。

 ・
512 みずほ地区民生委員と協力員の方20名対象に実践体験と回想サロン運営の仕方等
 ・513 摂陽小学校区「サロン絆」で、テーマ「子供のころ夢中になった遊び」参加者25
 521 道塚サロンで、テーマ「子供のころ見た思い出の映画」と「ラブレターをもらったことありますか」参加者16
 ・
521日 定例「おしゃべり回想サロン」で定期メンバー+作業療法の先生2名が参加。テーマ「小学校に入学した時の思い出」。
 助成金で作成した「回想カード」を参加者で使用希望者に提供
 
   Dクラブあかずきんちゃん」の報告
日時:令和4429() 14001415
場所:伊丹市公民館まつりオンライン発表
 

 昨年、一昨年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、毎年開催していた「公民館まつり」は開催できず、今年はオンライン開催でした。私たちは、子ども3人対団塊世代3人の「回想パズル」でのバトルを行い、双方、負けじと真剣勝負を繰り広げ、今年は団塊世代が僅差で勝ちました。子どもたちは、「おじいちゃんたちは、頑張っていた」と、団塊世代は、「子どもに負けじと頑張った」と感想を述べました。 こうした遊びながらの世代間交流は大切だと思います。